• 神奈川での永代供養墓

    永代供養墓とは、お墓の管理維持を寺院や霊園側が永代にわたって行ってくれるお墓のことです。

    少子高齢化や核家族化などの現代、この永代供養墓を選ぶ方が増えてきています。

    このお墓を選ぶ理由としては、継承者がいなくても安心してお墓に入ることが出来る、子や孫にお墓の維持の負担をかけたくない、代々のお墓が遠方、先祖のお墓に入りたくない、住居や仕事場のある愛着のある地域で永遠の眠りをしたい、お墓に高額なお金をかけたくない、宗教宗派関係なく入れる、友人やペットなどと一緒に入れるなどがあります。


    永代供養墓としては、合同で入るお墓や、個人で入る形態のもの、外にあるもの、建物の中にあるものなど様々です。

    目的別の神奈川の樹木葬について考察してみましょう。

    そしてこのお墓の供養の仕方としては、お彼岸やお盆に合同供養をする寺院、毎月供養する寺院、年に一度の供養の寺院など、寺院や霊園によって様々です。

    このように永代供養墓を選ぶ際には、その形態や供養の仕方などを考慮して選ぶことが良いです。

    @niftyニュースを調べるならこのサイトです。

    そして神奈川に永代供養墓を用意している寺院や霊園がとても増えてきています。



    神奈川は首都圏からのアクセスも良く、近代的なものと昔ながらの自然を融合させたとても人気のある地域ですので、お参りしやすいことや元々神奈川には住んでいる方が多く、その場で永遠の眠りをしたいと希望する方が多いのです。
    世の中のニーズに合わせて神奈川の寺院などでは、こうした形態のお墓を多く準備し対応しているところが多いです。