• 神奈川県の永代供養のサービスについて

    神奈川県のいたる場所に仏教寺院や神社がありますが、そのほとんどで永代供養をしています。



    神奈川県で行われている永代供養の特徴ですが、生前の宗教は問いません。

    T-SITEは無限の可能性に満ちあふれています。

    しかし一度永代供養のサービスを依頼したらそちらの寺院や神社の化儀に沿ったサービスとなるので、事前に身内には説明する必要があります。

    永代供養と通常のお墓の一番の違いですが、価格が一番違います。


    通常のお墓の場合暮石代や土地代などで1000000円から3000000円程度かかる場合があります。

    ローンもありますが、それでも月の支払いが100000永代町程度になる可能性があります。

    そのためかなりの出費を覚悟しなければいけません。それに比べて永代供養のサービスだと暮石代のみで500000円程度の場合がほとんどです。


    神奈川県の寺院や神社ではこちらのサービスでもローンが可能です。

    そのため金銭面でも心配ないです。

    通常のお墓の場合、各種法要は自分で管理する必要があります。
    しかしこちらのサービスの場合には寺院や神社が管理してもらえるので利用者としてはかなり楽です。しかもお彼岸会などの寺院や神社側の法要の際にも無料で供養してもらう事が可能です。

    通常のお墓の場合寺院や神社の檀家になる事が必須です。


    また機関紙がある場合には購読が必須です。しかしこちらのサービスの場合には檀家になったり、機関紙を購読することは必須ではないです。



    そのためかなり気軽に利用できます。