• 神奈川で選ばれる永代供養

    大都市圏でありながら、変化に富んだ地形で海にも山にも恵まれている神奈川県は、緑豊かな風光明媚な霊園が多くあります。


    近年目立ってきているのが、通常の墓地区画のほか、永代供養の墓所が設けられるケースです。



    従来の永代供養という言葉は、一代に限った供養をお寺や霊園に任せることを指しますが、最近よく耳目にする合同供養の墓所などを「永代供養墓」と呼ぶ場合は、ややニュアンスが違います。業者が宣伝文句などに使う場合、概念が異なっていることがありますので、注意が必要です。

    神奈川でも最近目立つ「永代供養墓」というのは、個々のお墓を持たず、合祀墓などに遺骨を納めて、後々の供養を霊園管理者などが行うといった形式を指します。
    お墓のタイプとしては、慰霊堂のなかのロッカー風の場所や、仏塔などのモニュメントの下に納骨する方式、樹木葬として個別や合同の供養をする方式といったように、多種多様となっています。新たな埋葬以外にも、先祖代々の墓所を墓じまいして、樹木のもとに散骨するといった改葬を行う人もいます。

    1人1人に合ったNAVERまとめ情報サイトをご利用下さい。

    もともと眺望が開けていて明るい印象の霊園が多い神奈川では、樹木葬の形式を選ぶ人が増えていることもあって、バラ園やフラワーパークのようなガーデニング霊園の人気が高まっています。



    従来の墓地と違って樹木や花が多いので、若い世代もお墓参りがしやすいことも、選ばれる理由の一つです。

    あらかじめ霊園の下見をするなど縁起でもないという考え方は薄れて、埋葬場所を自分自身で選んでおく傾向は、神奈川においても、今後さらに増えていくと考えられます。


  • おすすめ情報

    • 神奈川県のいたる場所に仏教寺院や神社がありますが、そのほとんどで永代供養をしています。神奈川県で行われている永代供養の特徴ですが、生前の宗教は問いません。...

  • 葬儀について思うこと

    • 神奈川は人口も多く、いろいろな種類の霊園が数多くありますが、最近人気のある永代供養の墓も選ぶことができます。この場合は永代供養墓の他、納骨堂や樹木葬など、いくつかの種類があるので、まずその種類について選ぶことが大切です。...

  • 葬儀の情報まとめ

    • 私たちの生活の中で、切っても切れない関係にあるのがお墓です。若いうちや元気な時には、自分とはあまり関係のない事のように思われがちですが、人間ですからいつ何が起こるとも限りませんし、また先祖代々のお墓があるならば、日頃からしっかりと考えておく事も必要といえるでしょう。...

  • 関連情報

    • 永代供養墓とは、お墓の管理維持を寺院や霊園側が永代にわたって行ってくれるお墓のことです。少子高齢化や核家族化などの現代、この永代供養墓を選ぶ方が増えてきています。...